袴のリメイク方法

袴の下でできる防寒対策

袴の下でできる防寒対策 袴を履く、卒業式のシーズンは寒い地方だと防寒対策が必要となってきます。
外に出るときには、大判のストールやファーなどを利用することで簡単に防寒することができますが、下半身の防寒はどうしたら良いのか悩んでしまうこともあります。
そんな袴の防寒対策としては、下半身ならレギンスがオススメです。
袴の下にレギンスをはくのであれば、走らない限りまず見えることはないと考えられます。
ただし、お腹の方までしっかり履き込んでしまうと腰紐を締める位置よりも高くなってしまい、トイレに行けなくなる可能性もあるため注意が必要となります。
ヒートテックも上半身の対策にはオススメです。
襟元からヒートテックが見えてしまうという場合には、後ろ前に着るのも良いとされています。
足元はなるべく草履ではなくブーツがオススメとなります。
下駄が良いという場合には重ね履きをすることで足元も暖かく過ごすことができます。
また、使い捨てカイロを持っておくのも効果的です。

袴の中が透けないために行うことは?

袴は、タイトスカートのように一枚の布で構成されているものではなく、タックで折りたたまれていることから布が何枚か重なることになり、薄手の生地で作られているものであってもそれほど透けに関しては不安に感じることはありません。
さらに、袴の下には着物を着用することになるので、ますます生地が重なるため下着が透ける心配もありません。
しかし、袴の着付けをするときには肌着の着用が欠かせなくなります。
肌着類は、着物から肌が透けないためではなく、着物に汗汚れを直接つけないためであったり、着付けの時に恥ずかしい思いをしないようにという意味があります。
着物は高価なものでもあるので直接肌に触れて汚れないように、シミになりやすい衿元や脇の汗は肌襦袢でカバーをし、脚は裾除けと呼ばれる巻きスカートのような和装専用の肌着を着用します。
もしも持っていない場合、上半身であればキャミソール、下半身はペチコートでカバーすることができます。